ティンダーの出会いとロードトリップ

ティンダーとか出逢い系アプリはあまり好きじゃないんですけど、ある日フェイスブックで一つのストーリーが目に入りました。
1人旅中でしたら、ティンダーはいろんなひとと出会える便利なアプリなんだとか。。。
へ~
そして、数日後に友達に勧められました。同じ趣味の人達と出会えるいいアプリだよって。

こんな言われるんだったら一度やってみようと思ってダウンロードしました。やっぱりあまり信用出来ないのでプロフィールでフェイクネーム使って、写真も一枚だけ。
でもそれだけでも、色んなひとからメッセージが届き始めた!なんか、ワクワクしましたね!これって結構自信付けになると思って、一時期17人ぐらいとチャットしてました。

でもその17人中で1人が目立ってた、スペイン人の「J」でした。なぜかと言うとJがオークランドからウエリントンに引っ越す予定で、引っ越す途中に1週間ぐらいロードトリップする予定があったからです。

1週間のロードトリップ!?
楽しそう!!!そして一緒に行けたらきっとなんかおもしろいストーリーが出来るはず!
会ったことないひととロードトリップに行くのが、不安だけどやってみたい!!

何日間メッセージ交換してたら、普通そうなひとだったので、思いきって聞いてみました

一緒に行ってもいいですか?と

そしてJの答えは 「Yes」でした!

それが始まりだった

ロードトリップの前に2回だけしか会えなかったですけど、普通なひとで、特に連続殺人ではなさそうでした(笑)

2デートと3週間後にやっと旅の日がやってきました!Jのアイデアだったので、行く場所は全部お任せコース、私はただ行くだけでもう十分の冒険でした。もしかしたブログにも書けることにもなるかもしれない!

旅行が近づけば、近くほど不安もなった。。。友達が冗談で「殺されないで(笑)」とか言うし、ずっと車の中で話しが続かなかったら気まずくないとか言うし、やっぱり行かない方がいいかなあ~とか思いました。

まあ、でも結局行ってみたけどね(笑)そして生きて帰れたからこれを書いてるんです(笑)
そして今までで1番楽しかった旅でしたので、100%行ってよかったと思います!

ロードトリップ1日目(コロマンデル半島)

Jが家まで迎えに来てくれました。借りた車はマニュアルだったので運転の手伝いは出来ない、まあ、その方がいいんですけどね^^;
だって、いつもなら私が運転する方だからドライブ中好きに写真とかビデオ撮れないじゃん!

1番最初に行ったのは「カセドラル・コーブ」天気予報によるとずっと雨だったけど、私達が行ったとき超晴れてた!そして冬なはずなのに暖かい、夏みたいな感じでいいね~ラッキー!!

次、行ったところは「ホット・ウォーター・ビーチ」ここも以前来たことあったけど、1人で来たため、砂に穴を掘って、スパ作るのが恥ずかしくてやらなかったため、今回やってみるのが楽しみにしてた^ ^
暖かいお湯がある場所探すのが思ったより難しかった、ビーチ沿い全て暖かいって言うわけじゃないので、ちょっと掘って暖かいところ探さないといけない、そして見つかったら以外と深く掘らないといけない。
穴掘りはJに任せて(笑)、その間ビキニに着替え。冬なのにビキニ!さすがに寒かった!冬でも以外とみんなやってたけどね、私もその波に乗りました。。。
最終的に、足湯だけにしました、あまりにも寒いし、暖かいお湯はちょっとしかなかったです。

今夜はワンガマタって言う小さな街にある「Surn n Stay backpackers 」に泊まりました。晩ご飯にJがスペイン料理作るっていうから新しいレシピ覚えました、ジャガイモのトルティーヤです、ジャガイモのオムレツみたいな感じですごいおいしかったです!

晩ご飯食べたら、今度ワンガマタの街を歩いてどんなところか見て見ました。まあ、お店が早めに閉まってもうやってなかったけど、満月を見ながらビーチを歩いて、楽しかった(^ω^)

ロードトリップ2日目(タウランガ)

2日目はいいサプライズで始まった、なんとバックパッカーズではちゃんと朝ごはんが出たんだ!しかもパンケーキ♡いいね
でも全てが完璧じゃない、天気は曇りのち雨。。。
それでも勿論、次の行き先「タウランガ」に行きました。
タウランガでは「Apple tree backpackers」っていうところにチェックインして、この人生で1番恥ずかしい出来事にあいました。。。
なんか、恥ずかしさで宇宙にあるブラックホールで一生隠れても恥が消えないぐらいな気持ちでした。。。それぐらい恥ずかしい経験あったことありますか?あればコメント欄に書いてください(笑)
私は。。。これでした

バッパーでチェックインした後にトイレに行きたくなったんです、しかも小じゃない方。。。そして終わったすぐにあいつ。。。
Jが私のあとすぐトイレに入りました
ヤバい!!!!死ぬ!!!!
なんですぐ後に入るの!?バカ!!!!
そしてバッパーで男女共通のトイレ設計するひともバカ!!!!
もうみんなバカ!!!!どうしよう!!!
そして悪夢はそれだけで終わらない。。。
その後、街中歩いてた途中にJがポロっと言うんです。。。あの時、トイレで〇〇やってたでしょう(笑)

ええ!!!そんなこと言う!?
びっくりした!!!

このまま、荷物まとめてJを残してバスに乗ってオークランドに帰りたかったわ!!!
でも出来ない。。。荷物は全部バッパーにあるし、街まで遠いから車運転出来るJにバッパーまで送ってもらわないといけない。。。最悪。。。せめて今日は一緒にいるのを我慢しないと行けない。。。

そしてJもそんなひどいこと言った後に他の話しとかも普通にしてる!!!
頭大丈夫!?怒ってるってわからないの!?顔パンチされる寸前であることに気づかないの!?ん。。。。

こんな時にどうすればいいかわからないのでメールでいろんな友達に相談
日本人とかキウイの友達がそんなのをひどい許せないとか言って、一緒にいるのがつらかったら、分かれてもいいんじゃないという風なアドバイスでした。

そしてラテン系の友達はスペイン人とかラテン系なひとは思ったことをそのまま直接フィルターなしで言う文化だから気にしないで、というアドバイスでした。

最終的には笑って、気にしないように頑張ることにした。だってトイレは誰でも行くでしょう!でももしまた違う失礼なこと言ったらこれで終わりにすると思って旅を一応続けることにしました。

ということで、2日目Jがタウランガのいろんなところに連れててくれたけど、印象に残ったのがこのハプニングでした(笑)

夜には前の日に作ったジャガイモオムレツの残りとまた違うスペイン旅行「トマトのトスターダス」を作りました。

ロードトリップ3日目(ロトルア)

この日も曇り&雨、昨日の出来事でダウンしてる私の気分にぴったりな天気。。気にしないようにするって決めたけどやっぱりきにする、一緒にいるとやっぱりブラックホールで隠れたくなるだけ。。。
ということで、私のリクエストでこの日はZorbっていうアクティビティに一緒に行く予定だったけど、ちょっと無理だわーと思って、今日は別々行動にしようと言いました。
私は1人でスパ(温泉)に行くと決めて、Jは自分でやりたいことをやって来た。
前回、ロトルアに来たときは観光客向けの「ポリネシアンスパ」に行ったので、今回はローカル向けの「Qe Health Spa」に行ってみました。
スパだけの入場料は$14、マッサージを予約すればスパが必ずついて来ます。ここのマッサージ受けてみたかったので、30分テラピューティックマッサージを予約しました、値段は$79。ちょっと高いけどスパ、タオル、ローブのレンタルも含めて、マッサージもすごいリラックス出来て気持ちよかったです!Zorbのお金をここで使って後悔なし!
スパは2つプールありまして、一つは40度ぐらい、もう一つは36度ぐらい。ひともあまりいなくてリラックス出来ました。

スパに入った後はマッサージでした。部屋中はいい香りしてて、暖かくてとてもリラックス出来る場所でした。セラピストも経験のあるひとってすぐ分かりました、終わった後に背中が楽!!!天国にいる気分だったわ~

マッサージ終わった後に、街中を1人でお散歩して、前日のことを忘れられる一日でした(笑)

ロードトリップ4日目(ニュープライモス)

4日目の予定は無計画だったんですけど、Taupoの可能性でした。しかし、私は行ったことあるって分かってたJがプランを変更してくれたんです!TaupoのかわりにTongaporutuっていうところで「3姉妹とエレファントロック」に行くことになった^ ^
なかなかいいところを短期ですぐ調べるJを尊敬した。

3姉妹とエレファントロックは低潮のときにしか行けないらしくて、私達が着いた13時ぐらいはまだダメでした。最初は満潮でも水着に着替えれば大丈夫でしょう!と思って2人で行こうとしたんだけど、やっぱり無理でしたので、待つことにした。。。
いつになったら波が引くでしょう。。。

待ってる間にローカルの年寄りかわいいカップルが近づいてきて、低潮はこの日17時ぐらいですよ~って教えてくれたんです
後に4時間かあ~と思ったんだけど、そのカップルとずっと喋りながら、そして途中で3姉妹を見に来たドイツの女性も来てみんなで楽しい時間を過ごして、あっという間に時間に引き潮の時間になりました。
待ってる間は寒かったのでドイツの女の子がキャンピングカーからストーブとかお鍋を出して、みんなにコーヒーまで作ってくれたんです!
こんな楽しい時間は私にとって貴重です。

待ちに待った3姉妹とエレファントロックはとてもキレイで待つ価値ありました!それも私達3人しかいなくて、超自由でした!!
ジャンプしてる写真とか撮って、すごい楽しかった。急に雨が降り出して、ビチョビチョになったけど、一生忘れない経験でした。

夜はニュープライモスに着いて、YHA Sunflower Lodge New Plymouthにチェックインして、暗くなってるけどせっかくここまで来たのでちょっと街中見てみようとそとに出ました。
一応、ここですと有名なのは「Te Rewa rewa」ブリッジですのでそれを見に行って、暗くてうまく写真撮れないけど撮って見たら、なんと新しい発見!!!
適当にカメラをセットして、写真撮ってくれ~とJにカメラを渡した、そして顔だけでも見えるように携帯のライトで光ってたら。。。なんか光の写真が出て来た!!!
こんなこと出来るんだ!と2人で興奮してそこから写真撮影が止まらなかった(笑)

もっと暗くなったら、よりいい写真が撮れてもっともっと楽しくなった!ここで更にJの頭の良さにびっくり!私は適当にカメラのセットして最初の写真が出来たんだけど、そのあとJがずっとカメラをイジってもっと素敵な写真撮れたんです。
こんなライトの写真遊びを2時間以上続けました(笑)冬の夜で死ぬぐらい寒かったけど、この旅で1番楽しかったかもしれない!

Jが何も言わないで、私の名前をライトで書いてくれたときはさすがに感動としました!
カッコいい!!!笑
これで、この前のトイレのコメントは完全に許したよね~

ロードトリップ5日目(ワイマング&ウエリントン)

ドライブするの最後の日でした。ニュープライモスとウエリントンの間に見るところあれば止まろうと言って、ワイマングっていう町に止まることにした。
やっぱり小さな町なので、あまり見るところなかったけど、一応「Durie elevator」っていうのがあったので見に行きました。
まあ、あまり時間ないひとはここわざわざ行かなくてもいいんじゃないって感じです。そして、もし行くのであれば、ちゃんとエレベーターのあるところ(山の1番上)に車を駐車した方はいいですよ!
5分でもしたにある住宅街で駐車すれば住民にだいぶ怒られます!(°_°)

ウエリントンには夜に着きました。
なんかおもしろいですね、あの恥ずかしいイベントあった時にウエリントンに着いたら、もうJと離れようと決めてたはずなのに、一緒にいないとつまらない。。。と思って別々行動しないことにした。
そのまま、一緒にウエリントン街を見に行った。。。歩いてみた結果は「オークランドってなんだったんだろう!?」ウエリントンの方が断然いいところでした!
カフェー、バー、レストランもいっぱいあって、ナイトマーケットまでやってた!!
何もないオークランドに住んでて何してるんだろうって気持ちになりました。

いろいろ見たあとにウエリントンで泊まるバッパー「Base backpackers」に行って、チェックインのときにもらったクーポンを使いました。
バッパーのバーでワンドリンクを買えば、無料で食事出来るクーポンだったので、$8のドリンク買って、パスタ食べれました。以外とおいしかったですよ。

そのあとクイズまで参加して、1人旅ですと出来ない経験をもう一つ増やしました!

6日目(ウエリントン)

これでウエリントンで最後の日、そしてJと一緒にいる最後の日でもあった。
出来るだけウエリントンを楽しもうといろんなところ行って見ました。
まずは Te papaミュージアム、入場料は無料なのにでっかくて何時間も居られるところでした。大きすぎて、全て見れなかった。

ウエリントンの天気はいつも雨と強風なんだそうですけど、超ラッキーでずっと晴れてて、風もなかった。
有名なBeehive, Parliamentビルも見て。写真撮って、Old St. Pauls教会も入ってみた(そとは普通だけど、中はすごいキレイでした)

そして、Mt. Victoria lookoutに行きたいとJにリクエストしたら、場所を調べてくれて車で行きました。ここからはウエリントンの360度が見えるところでとてもキレイな景色です。
そこから、Jがなんか見えた。。。

遠くに、
もしかして、あれがウエリントンサイン!?

行きたい!?と聞かれて

もちろん行きたい!!!行こう!!

Jの方向感覚にまた感動、遠くからみたのにナビなしであの「ウエリントンサイン」の場所まで運転。頭の中は地図なのか?!と思うぐらい

夜はウエリントンでは安いから行かないと行けないところがありました。
それは映画館です(笑)、オークランドでは$18もするのにここは$10のみ!
私もウエリントンに引っ越そう!笑
「Dunkirk」っていう映画を観ました。

7日目(Northern explorer電車)

Jとサヨナラの時間来た。。。6日間ずっと一緒にいると、分かれるのはさすがに悲しい。
でもこれは旅行者のつらい現実ですね
いろんなひとに出会えて、楽しい時間を過ごせるんだけど、いつかは離れないと行けない時期が来ます。。。まあ、悲しいけど、せめて会ったこと、そして一緒に居れれた時間を感謝しないといけないですね^ ^

オークランドに戻る時間でした。
方法は飛行機の方が早いし、バスの方が安いけど、今回選んだのが電車でした。

電車はウエリントン駅の9番ホームから7:55分に出発(週1回)、乗り換えなしでずっとオークランドまで行く。
所々で止まるけど、そとに出ることは出来ないので、もしこの電車で来れば好きなスナックとか飲み者を持ってくるといいですね^ ^
まあ、電車のなかで小さいカフェーもあるのでそこでも買えますけどね

電車の中にトイレ、コンセント、カフェーとかもあります。
小さいなテレビもあって、通ってる場所の歴史やインフォメーションが聞けます。

Wi-fiはないし、場所によって電波もないので景色を楽しんだり、本を読んだりして時間潰せます。
私はJに買って来れた本を読んでました。

オークランドでは、Strand stationっていうところに着きます。ここからシティーまで無料シャトルバスが走ってますので、それに乗ってシティー内のメイン駅Britomartまで行って、旅を無事に終了しました。

旅行前、そして旅行中でもいろいろ不安になったり、死ぬほど恥ずかしい時もあったけど、最終的に楽しいことが多かったので、Jと一緒に行ってよかったと思います。
私のことしか言えないんですけど、個人的にはニュージーランドで今まで行った1人旅より、Jと一緒に行ったこの旅行の方が楽しかったです。

だから、ちょっと怖くても、クレイジーだと思っても、たまにこんな経験も悪くない!もちろん、自分の直感をちゃんと聞いて、あぶなそうだと判断したらやってダメだけどね。

でもTinderは以外といいアプリだと思った、またやるか分からないけど、お陰でいい経験出来ました。

J、一緒にロードトリップ連れててくれてありがとうございます😊

もしよかったらコメント欄に皆様のティンダー経験教えてください。
 

Wanderlady

Multilingual acupuncturist travelling the world