旅行前の悲しみ

何回やっても慣れない、家から離れると毎回ツライ。親にバイバイするのも悲しい、どこにでも一緒に行きたがるウイスキーを置いて行くのも悲しい。

新しい国に行く予定があるといつもすごい楽しみ、実はいまこのブログを書いてる日はあと3日間でバルセロナに行く予定、その次はモロッコ。初めてのヨーロッパ&アフリカ大陸なので楽しみが多い、サグラダファミリアもみたいし、モロッコのブルーシティーも見たいし、ここ何週間はモロッコのマーケットで買い物するのが一番の楽しみ!

だけど。。。

今は実家にいてすべてがあって、愛に溢れている心地良い環境の幸せに慣れてきて毎日ワンちゃんとお散歩に行ったり、手作り料理を食べたり、親もすぐそばにいて、毎晩は自分のベッド、自分の部屋に寝てこれより最高な人生はないと思っています。こんな幸せな場所をわざわざ離れてなにが来るか知らない海外に行くなんて不安。毎日のようにスーツケースのなかを確認して、服を入れたり出したりしています。荷造りに悩む日々が続きます、だって部屋がいっぱいになるぐらいオケージョンによって違うものが必要な洋服や化粧品があるのにそのなかから小さなスーツケースに入るものを選ばないといけないって難しいことです。そして経験上でよく分かっていることは最初からスーツケースをいっぱいになるまで詰めすぎると旅行中にお土産を買っても入れるスペースがないし、旅行中にシャワー浴びる度に洗濯物が増えて入れなおすのは難しくなる。そんなのも計算すると今週だけでも3回ぐらいはスーツケースを詰めなおしています、今夜もまたやると思います。

もうちょっとで出発なんだけど、頭の中はモロッコで過ごす10日間の不安でいっぱい。安いモロッコのホステルでシャワーあびたあとの荷造り、大きなスーツケースを持ちながらのバス・タクシー移動の不便さ。絶対に肌あれもしそう。。。だって旅行中はお肌なんかいつも後回しになる、WiFiなんかも贅沢でしょう、絶対に何日間はホームシックになるでしょう。そんな不便なこと、不安なことを考えるとなんで幸せにいられる家があるのに旅行をわざわざ選ぶの!?信じられない。

まあ、でもこれは毎回のこと、旅行の直前に毎回こうなります、大好きな家族から離れて楽な生活を残して、旅行と共に来る不便さや不安を我慢しながら毎回旅行に行きたがるのはやっぱり好きだからですね。新しい国に行くとわくわくします、新しい食べ物と文化を経験して行ったころある国のリストを増やすとなんか嬉しい。写真もたくさん撮って観光客になる気分が好き。

だからいまこの瞬間は旅行前の不安をちょっと感じているけどもうちょっとで楽しい気持ちに変わります。楽しいときは時間経つのも早いのであっという間にまた帰る日が来ます。

Wanderlady

Multilingual acupuncturist travelling the world