日本人と外国人の違い

ニュージーランドの北島の右上にある角がコロマンデル半島まで車を借りてドライブして行こうと計画してた。

その計画を日本人であるハウスメイトとか友達に話したら、みんな注意の言葉ばっかり
「コロマンデルの道路はカーブが多いし、雨降ると滑りやすい、レンタカーするならフォーウィールの車がいい」
「こっちのひと(ニュージーランド人)の運転が荒いから危ないって聞いたことあるよ!運転するなら気をつけて!!」
「そっちはいまの時期寒いから風邪ひかないように」

などなど。。。
注意ばっかり。やっぱり運転は辞めた方がいいのかなあ~と不安になった。

そして、日本人じゃない人達にバスで行くか、車を借りて行くかと迷ってると言う話したら、こんな反応
「バスより、車で行った方が自由に移動出来てもっと楽しいじゃん!」
「いいね!ドライブは絶対楽しい」
「コロマンデルの〇〇がオススメだよ」
などなど

反応がこんなに違うんだ!

だから思った
きっと私はハーフだから、いつもやりたいと思うことがあっても、怖くてやっぱりやりたくないって不安な気持ちになる。

もしレンタカーして車がなにもないところで壊れたらどうしよう!?
もし海外で事故にあったらお金高そう!
もし。。。

きっとこういうこと考えるのが日本人のハーフ。

そして、なにも考えずにやりたいことやるのはホンジュラスのハーフ

きっと、そういうことですね

結局、車を借りて行きましたけど、いろいろ考えて決断するまで2週間ぐらいかかりました。

Wanderlady

Multilingual acupuncturist travelling the world