人生に一度やってみたかったキャンピングカー生活

インスタグラムでよく見かけるキャンピングカー生活。憧れでした♡どこにでも自由に行ける生活、楽しそうだと思ってました。
でも。。。大きな車を運転したことない、あと親と3人で行くので狭いのかな?ワンちゃんも一緒に行ったら車で待つ時間が多くつらいんじゃないかな?キャンピングカーを駐車して毎日ちゃんと寝れる場所みつかるのか?初めてのキャンピングカー旅なのに、20日間が長すぎてつかれるとか、そんなこんなで不安がいっぱいありました。
辞めたほうがいいとか、期間をもっと短くした方がいいとかも思ったんだけど、もう親に行くと約束したし、楽しみにしてそうだったし、失敗するのがこわいから旅行をキャンセルして親をガッカリさせたくなかったのでそのまま計画通りで行くと覚悟しました。

そんな不安だらけの中でも親と行くことを決めて、計画を始めました。キャンピングカーのレンタルを親の判断に任せて、私は行く場所の順番、観光する場所と毎日泊まる道の駅を細かく計画した。そんな計画してるうち、日本のいいところがあちこち出てきて、行きたい場所が多すぎて選ぶのが大変でした!そして計画してるだけでだんだん不安より楽しみになってきて、早く日本に帰りたいと思いました。

待ちに待ったキャンピングカー旅の出発日はドキドキワクワク!運転したことない大きな車の運転も怖かったけどすぐになれた。これから行った場所の情報とか感想をもっと詳しくブログで書きますけど、今回のブログはこの旅を全部見てキャンピングカー旅について思ったことと学んだことに関して書いてみます。それでは。。

実際に20日間キャンピングカー旅をやってみて思ったことはですね

20日間じゃ足りない、全然足りない

ペーパーでみれば20日間あれば行きたい場所に行けるはずだった、でも現実は違いますね、迷ったり、道が混んでたり、食事の時間、休憩、観光時間などなどが計画を大きく変化してくれました。
実際に行ってみたら毎日が楽しくて、毎日新しい場所で朝起きて、観光して、美味しいもの食べて、新しい場所で夕焼けを見て、毎回違う場所でどんなお風呂に入る楽しみ。一秒一秒が楽しくて刺激的な日々でした。20日間はあっという間に終わってしまった感じでした。
旅なので、リラックスしながらゆっくりといろんな場所をみたいし、現地に着いてからはじめて存在を分かった場所も出てきたので行きたかった場所に全部行けませんでした!残念と思わないで、この次に行きますとのことで楽しみにしてます(笑)


 キャンピングカー生活は思うほど不便じゃなかった

私にとって一番不便なことは夜にケータイの受電出来なかったこと、お風呂終わったらリラックスしたいけど、泊まる道の駅がちょっと遠かったりするとちょっと不便を感じたぐらい。
あとは、そんなに不便と思ったことはほとんどなかった。
日本なので、どこでもコンビニありますし、食べ物にも困らない。ガソリンスタンドにも困らない。道の駅も意外と数が多くて、寝る場所にも困らなかったです。
車でもすっかりと家にいるような気分でした、やっぱりホームっていうのは場所じゃなくて、家族と一緒にいればどこでも家になるもんって感じでした。

 日本って以外といい場所!だと初めてわかりました

10年以上日本に住んでたけど、あまり旅行とかしたことなかった。日本のイメージは東京みたいに高いビルばっかりで、自然のない、どこに行っても混んでるっていう。。。ちょっとネガティブな印象でした。
でも、違いました!
山口県・島根県とかに行ってみて日本海の美しさにびっくり。
富士山がただの山だと思って興味なっかったのに、初めて近くからみたら素晴らしさに感動でした。
いろんな神社とかに行ってみて、お母さんから神話を教えてもらってなんかおもしろいと思いました。
どこに行っても興味あって行きたい場所いっぱい出てきたけど、時間が足りなくてどっちを選ぶか難しい選択でした。

 キャンピングカー旅行してる人達が以外と多かった

海外でキャンピング旅行とかキャンピングカーに住んでる人達がよく見かけるけど日本にもこんなにいると思わなかった!しかも、普通の車でもやってる人達がい。る。だから、キャンピングカーがなくても旅したいっていう気持ちがあればなんでも可能だなあと思いました。

  家の代わりにキャンピングカーに住むのって悪くない。

高い家賃・光熱費などのかわりに車代とガソリン代を払えばいい。家に住むより安くはないかもしれないけど、確実に自由で毎日が刺激的である。家で同じことを永遠と続くよりは楽しい生活が出来る。
しかも日本はコンビニ・スーパー・ガソリンスタンド・道の駅・温泉・コインランドリーも生活するのに必要なものがどこにでもあって便利。キャンピングカーで生活するのにこれ以上便利な国はないかもしれない。

  但し、家があることのありがたみも感じた

運転ばっかりで疲れるときとか、プライバシーがちょっと欲しいときとかは自分の家で自分の部屋があるありがたみも感じました。
あとは観光疲れで料理とか作る気にならなくて、手作り料理が恋しくなりました。


 親と一緒に行ったからこそ楽しかった。

普段は一人旅することが多くて、キレイな景色の場所に行くとこんなことを親にも見せてあげたかったとか思うことも多い。。。けど今回はずっとそばに居て同じことを見れて同じことで感動だったので幸せが完璧でした。
一人で行けばキャンピングカーはきっと寂しくてつまらなかったし、困ったときも頼りになれるパパとママが側に居たので安心♡。
例えば、キャンピングカーをぶつけて穴を開いたときにお父さんが修理してくれたし。住むために一番楽に出来ることを考えてくれたお母さん、食べ物とかお鍋とかいろいろ準備してくれたからコンフィーに過ごせました。どうすればいいか分からなかったときもお母さんがいろいろと素早く調べてくれて毎日助かった。

ワンちゃんと旅行は心配することない

ウイスキーはおとなしいから大丈夫だったかもしれないんですけど、以外とワンちゃんと一緒に行ける場所もあって。五箇山とかでも本当は博物館の中に入ってダメだけどバックの中に居ればオッケーとかやさしい人達が居ました。
行けないところはキャンピングカーの中で待ってくれて、何日間でワンちゃんも慣れたので泣かないで待ってくれてました。逆に行けるところ、海とかで走り回って、一番楽しそうにしてたのが鳥取砂丘でした!いままで見たことない砂の量におどろいて走って、砂をなめて、また走って。あんなに楽しそうなウイスキーはみたことない!連れてきてよかった♡

日本は自然も多いけど、ハゲ山も多いと残念でした。

南に行けば行くほど、キレイな山と森が多くなってた。でもやっぱりどこに行っても山の木が多く切られて、自然を壊して新しい道路を造ったり、ソーラーパネルが置かれたりしてだんだんと自然より人工的なものが増えている感じが悲しい。
そういう木が切られてる山のことをお母さんが「ハゲ山」と呼んで、見る度に悲しそうに見てた。。。
前に進んで発展することは経済的にいいかもしれないんですけど、やっぱり自然を壊して人口的なものばっかり作るから温暖化とか地球のバランスがだんだんダメになるんですね。。。
将来は日本に自然なんてないかもしれないと残念。

 日本が小さいのか大きいのかよく分からない。

何時間か運転すれば、もう隣の県に着いた!と日本が小さいと思ったら、各県にみる場所が多くてやっぱり大きい。
高速を使えば一瞬でどこにでも行ける。下道を使えばゆっくりと見れて止まりたい場所がいっぱいあってなかなか進まない。
日本中どこでもあるチェーン店もあれば、その場所でしか食べれないものも多い。
道の駅がどこにでもあるのに、同じキャンピングカーに何度もあったりすることも多くて、やっぱり旅の計画が一緒とか思ったりしておもしろい。

これからも行った場所の知った情報も書いていきますのでこんな旅に興味あれば次も是非読んで下さい。

Wanderlady

Multilingual acupuncturist travelling the world