パース

2017年10月

パースは西オーストラリアにある大きいシティー。友達が誕生日旅行でパースを選んで二人で初めて来たんですけど初印象ヤバかった!ってかちょっとこわかった。
パースに着いたのが夜中だったので、ほとんどのレストランがもう閉まってた。ホテルの近くで雄一やってたのがマックでした、さすがマック!ホテルで食べたかったのでお持ち帰りを頼んで、ハンバーグが出来上がるまで待ってた時にあるアジア人の男性が私達のところまで来て話はじめた。。。まあ、その時は普通そうなひとで、普通な会話だった。。。
でも食べ物が用意出来て、帰ろうとした時になぜかあいつが後ろに付いてきた!!!
きもっ!!なんで追いかけてくるんだよ!
最初はたまたま同じ方向に行くだけだと思ったんだけど、やっぱり違う。距離近いし、ずっと後ろにいる。
こわくて、付いてこないで!って言ってみました。

そしたら、返事は“今夜あなた達の暖かい部屋で泊まっていいですか?”
うわー!!!気持ち悪い!!!(ちなみにホームレスっぽくなかったのでかわいそうじゃない)
よかったことにホテルがすぐ近かったので、何事もなく逃げっちゃいました。

まあ、でもそれがパースに居て雄一の変な事件でした。その後はもう楽しい、楽しいことばっかりでした。
例えば、Angel Falls Grillっていうレストランで人生初めてのベネズエラン料理を食べてみました。ステーキとコングリライスがおいしかった、後はユカチップスがなかなかどこでも売ってない食べ物もこんなところにあるとは!そして、ラッキーなことにたまたま行った日はなんと、レーディスナイトだったのですべてのカックテルが$10でした。

次の日は高級な朝ごはん、Petitionっていうカフェ・バーで朝食。雰囲気が良かったけど。。スクランブルエッグとトーストで$20以上!!!バカ高い(そしてそこまでおいしくない(笑))

そしてパースでの最後のディナーは暖かくて、辛いスープを飲みたかったので韓国料理のレストランを調べてArirangっていうところにしました。スンドゥブスープが写真悪くて見えないんですけど本当に美味しかったです!!

でもパースのいいところは食べ物だけじゃない、公衆交通です!なせなら、パースで4つの無料バスルートがあります、Blue cat, green cat, red cat, yellow catバスが完全無料です、そして10分間隔で走ってるので便利、パースにいる時間があまりなくてもこれに乗れば短期間でいろいろ見られる。

私の意見は住むにはちょっと小さいシティーですけど、観光で来るのがいいところでした、見るところもいっぱい、おいしいレストランもいっぱい。ローカルの人たちもフレンドリーでした(あのこわい人以外。。。)
なんかウエリントンに似てる感じがした。

Wanderlady

Multilingual acupuncturist travelling the world