ウエディングケーキロック

2017年10月

シドニーから55分の電車と20分のフェリーで「ロイヤルナショナルパーク」っていうところまで行けます。このパークの中で有名なウエディングケーキロックがあります。
こういう名前付けられた理由はここで世界で初めてウエディングケーキが作られた場所です。まあ、嘘だけどね。
本当は、この岩の白色と重なり方がケーキみたいな形してるからです。こんな感じ

この写真みたら、行きたくなったでしょう?そして質問2つあるでしょう?
ここまでどうやって行けばいい?&ケーキの味はどうだった?
もちろんここで答えます。
まず、味は普通の石の味。。。微妙にバニラ風味してる石みたいな感じ。
そして、

ここまでどうやって行けるかですね
もし車あれば、生き方をググってみてください。私みたいに車なければ電車とフェリですね
*まず、Central駅からCronulla駅まで行きます(55分ぐらい)
Cronullaに着いたら、Cronulla Wharf(波止場ですね)まで歩きます(5分ぐらい)そこでBundeena行のフェリーに乗ります。
フェリー代は大人一人$6.40、フェリーが出発してからチケットが買えます。。。なんかおかしくない?万が一お金持ってないお客さんいればどうするのかなあ?海に落とす?
まあ、一時間毎にフェリーが出発します。

*Bundeenaに着いたら、住宅街エーリアを15-20分歩いていけばナショナルパークの入り口に着きます。パークの入り口が何か所かにあるんですけど、ウエディングケーキ岩が目的であれば直接「Wedding cake trail」からスタートした方が早いかと思います。

短い道を選んだと思う?
もちろんnot!長い道をわざっと選んで、Coast Walk 「臨海ウォーク」のスタートからはじめて、一番最初に向かった場所はPort Hacking Point、(着いたら大した場所ではなかったけどね)その次はShelley beachっていうところを見つけ、この怪しそうな看板があった
英語分からないひとのため(naturist beachはヌーディストビーチのこと)
ん。。。手書きで書いてる、だれかいたずらっぽいね。。。
でも、誰もいないので。。。。

その後は、Jibbon trackをハイキングした、なんか変な灌木の多い、砂の多い歩きづらくて、長~い道だった!暑くて、きれいな景色は特にないつらい道でした。ここはちょっと苦手だったかなあ

次の目的はThe Balconiesっていう場所、ここに来てよかった!着くまではちょっと気を付けて歩かないとそのまま激しい海に落ちて死んでしまいそうなこわい道を歩かないといけないけど、頑張った結果いい景色がみれた。こんな場所でした。。写真で伝わるかなあ

The Balconiesの後、ちょっと歩けばすぐに有名なWedding Cake Rockに着くんだけど、その前にきれいなところいっぱい
例えば、この階段的なところ、なんか芸術的じゃない?

そしてこんな天国みたいな真っ白なところ

天国を超えたらやっとウエディングケーキ食べられた!んなわけない、ケーキなんて売ってなくてガッカリした。
そしてウエディングケーキロックがフェンスで囲まれてて、なかまで入れない(普通にみんな入ってたけどね)入れない理由が岩がもう弱くなってていつでも海に落ちてもおかしくないみたい。。。こわくない?それでも写真のためにフェンスを飛び越えて入る人たちが多い、やっぱりいい写真は命より大事ですよね~(苦笑い)

そんなことより、みんな帰るまでまって、だれもいないウエディングケーキロックを撮りたかったです(ちゃんとフェンスの後ろから)

お腹いっぱいになって満足したら、今度はMarley beachっていうキレイなビーチを通って、Marley Trailっていう道を使って帰ろうと思って探したんだけど、結局見つからなかったので来た道から戻ったっていう。。。方向音痴って大変です。特に電波のないところで道分からなくなると大変です。絶対に方向音痴にならないで下さい。
そんなこんなでトータル6時間ハイキングしました。6時間も太陽のしたでハイキングしたのに、日焼け止め忘れたせいで手と首がひどい日焼けした。あら、まあ~

pt async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

Wanderlady

Multilingual acupuncturist travelling the world